テニスの試合で緊張しない方法

1年を通して4~6月、9月~10月・・いわゆる「テニスシーズン」とされるこの二期に、一般プレーヤー対象の試合が各地で開催されています。
ジュニアに関しては夏の暑い時期でも夏休みを利用した全日本選手権などが行われますが、草トーナメントに出場している一般プレーヤーの方は大会開催の多い春と秋に試合にエントリーされている方が多いかと思います。

それだけ毎シーズン試合をこなしているのにどうして毎回緊張するのでしょうか?

緊張は一般プレーヤーやジュニアプレーヤーだけではなく、もちろんプロでも起こる現象です。その緊張感をいかに試合に生かすことができるか、自分と向き合えるかでプレーの質も大きく変わってくるのです。
それではテニスの試合で緊張しないようにするにはどのような方法があるのでしょうか。

準備運動の重要性

準備運動はテニスのレッスン開始前にも必ず行っています。もちろんケガを防止するために必要な準備運動やストレッチなのですが、体の緊張感をほぐすためにも必要なことなのです。

人間の体は緊張すると呼吸が浅くなって、脈拍が早くなり筋肉も緊張した状態になってしまいます。
当然、同じ動作をしても筋肉の疲労度が変わってきてしまいます。

朝から晩まで毎日のように練習している人でも、ポイントのかかった試合でプレッシャーのかかる状態になると試合中に震えが起きてしまうことがあります。

「あんなに毎日練習してトレーニングもして準備万端の人が1ポイントのために震えていしまうなんておかしい」と思うかもしれませんが、精神力とはどのような大きな力があるのです。

逆に言ってしまえばその精神力を自分でコントロールできるようになれば強いものです。

その1つとしてケガ防止のためだけではない「準備運動」を取り入れてみてください。
誰でも急に人前で話をしてくれと頼まれると緊張します。心の中でどんなに緊張しないように、と言い聞かせてもなかなか緊張は和らぎません。
こんな時にゆっくり深呼吸すると気分をリラックスすることができます。これは体の状態を変化させることで心の状態を変えたからです。
精神的な緊張が体に作用するように、逆に体をリラックスさせることによって精神を緊張から解放することができます。体と心はお互いに作用しているのです。

試合前に力を抜いてリラックスすることはとても難しいことです。なので「普段から体をリラックスさせる練習」をしておく必要があります。
体をほぐすストレッチという方法に慣れていないと逆にストレッチをするという動作に緊張してしまいます。
普段の練習やレッスン前に行う準備運動を必ず行って、何も考えずにできるくらいにしておきましょう。

ミスをしたら意識の視点を変える

テニスの試合で失うポイントは相手のエース化自分のミスが原因です。
同じミスを失うにしても、エースで取られるかミスで失うかによって精神的なダメージが違ってきます。
エースでと垂れた場合は自分で打つ手が限られているのですそれほど大きな影響はないのですが、自らのミスによってポイントを失ってしまった時に精神的ダメージを受けやすいのです。
ダブルフォルトしてしまった時に「次はしっかり入れなければならない」と体が緊張し、次ポイントのファーストサーブをミスしてしまうことがありませんか。
このような状態から抜け出すためには意識の視点を変えなければいけません。
ボールを打つことではなくほかのことに意識の視点を変える必要があります。

体の緊張とはおもしろいもので「どうしても失敗してはいけない」「次は必ず成功しなければならない」と思えば思うほど緊張してうまく動けなくなってしまうのです。 ミスをしたらときは考える視点をここから切り替えなければならないのです。 試合中、このような状況に置かれたときは視点を切り替えることによって意識が体の動きを妨害することを防ぐことができます。 私たちの心の在り方は、自分の見ている景色や状況など“どの部分に焦点を当てるか”が支配しています。「手が震えていておもしろい、どれくらい揺れるのか観察してみよう」などとその視点をうまくずらして意識を変えてみましょう。

打てなくなったら“割り切る”という考え方

試合の途中でポイントを失うのが怖くなりどんなボールでも繋ぎたくなってしまうことがある・・という質問を受けることがあります。
お互いミスをしたくないからといって繋ぎ合いになってしまうこともあり、結果ミス待ちのみの長い試合になってしまうこともあります。これにうんうとうなずける方も少なくないのではないのでしょうか。

ではどうして打てなくなってしまうのでしょうか。

このような状態になってしまう人は1ポイントにこだわりすぎる傾向があります。
テニスの試合はサッカーや野球のように1ポイントが致命的な点数にならない競技であることを理解し、1ポイントにこだわりすぎなくても後からいくらでも挽回できることを知っておきましょう。
確かに大切なポイントはあります。けれど1ポイントに対する気持ちを軽くすることで思い切ったプレーをすることができます。そしてそれは何よりもテニスを楽しむことができる大きなキーポイントなのです。

このような考え方ができるようになるとポイントで遊ぶことができるようになります。
遊ぶというのはおかしな言い方ですが「ポイントを1つ失っても大丈夫」という意識の切り替えから、失敗する可能性があるショットでも思い切ってトライすることができるようになる、ということです。
割り切るという考え方でたとえミスしたとしても精神的に受けるダメージの軽減ができる上に、成功したときには自分のモチベーションも大きく高まっていくのです。

自分との肯定的会話を取り入れる

試合中に自分自身に対して対話を行っていますか。

「なぜここんなミスをするんだ」「どうしてもっと速く動けないんだ」と自分を責める会話を無意識にもしているものです。自分を責めてその通りに改善できれば問題ないのですが、実際は自分を責めるほど体が硬くなって思うようにプレーできなくなってしまうものです。これが悪循環になり、最終的に「こんな日は負けても仕方がない」などと言い訳を始めてしまうのです。

試合が劣性である時は自分を責めるのではなく自分を励ます会話をすることが必要です。

「毎日あれだけ練習をしたのだから挽回できる」「次は練習の時のように絶対入るから大丈夫」などのように自分が行ってきたことを肯定し、自分自身を励ます会話を心の中ですることでモチベーションも上がります。
人に認められるのと同じで、自分自身を認める会話をすることで自分の能力を高めていきましょう。結果それが自信を持つということに繋がります。

社会人の人なら仕事中のことで落ち込んでいる友人や同僚に声をかけたときに「仕事がうまくできなくてつらい」と言われたことがあるかもしれません。この人も自己否定をしているのです。このような否定的会話をしている限り状況は変わりません。
「仕事は求められるレベルに達してないかもしれないが全力で頑張っている、大丈夫、できる」と自分を認めて成長していくことが大切です。
極論かもしれませんが、健康にきちんと生きていることだけでも充分にすごいことなのです。
自分を肯定し、テニスのプレーでも日常生活でもポジティブに思考を変えていくことが緊張の場面でも大いに役立ってくれるのです。

テニスの試合では普段は感じることのなかった感情や場面に遭遇することも多くどうしていいのか分からなくなることもあります。
けれど精神力を養うことはさほど難しいことではありません。
緊張する場面やめげそうになる自分を理解し、乗り越えていくことができるのです。
ジョイナス北野田テニススクールは明るく楽しい雰囲気の中でプレイすることのできるインドアテニススクールです。
普段の練習の中からポジティブな自分を作り出し、テニスを楽しんでいくことでゲームの中でも自分を高めていくことができるし日常生活でもポジティブな思考を身につけることができます。
新しいコミニュティで新しい仲間と湧き上がるテニスライフを体験してみるのもいいですね。