堺市でテニスコートをレンタルするには

レンタルコートでテニスを楽しもう!


テニスは個人競技ですが相手とボールを打ち合うスポーツのため、誰かと一緒に行わなければなりません。部活が一緒の友人や、サークル仲間、家族、カップルで・・
テニスは「やりたい!」と思ったら誰でも気軽に始めることのできる人気のスポーツです。
一緒にテニスをする相手が見つかれば次はテニスコートが必要になってきます。
けれどいったいどうやってテニスコートをレンタルすればいいの?

テニスコートはどのように借りられるのか、またどんな場所で借りられるのでしょうか。
値段はいくらくらいで借りられるのか、どのように借りたらいいのか・・
堺市でテニスコートをレンタルする方法などを詳しくお伝えしていきます。

テニスコートのレンタルには市営と民営がある

一般的にテニスコートをレンタルしている施設は「市営コート」と「民営コート」に分かれています。
市営コートのほとんどは県や市が管理していて、市民のレジャーためにテニスコートを管理・運営しています。
ここでは大阪府堺市で運営されている市営コートを例に挙げてみましょう。
大阪府堺市では約10か所の市営コートを管理・運営していて、その全てがアウトドアコート(外で行う屋根なしの屋外コート)として作られています。
逆に民営で借りることのできるコートは、テニススクールを運営している会社がレンタルコートとして貸し出しを行っているため
テニススクールの保持するインドアコート(屋内コート)や、もしくはテニススクールの保持している市営コートと同様のアウトドアコートをレンタルしています。

市営コートのメリット・デメリット

それでは市営コートと民営コートには実際どのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

市営コートは市が運営しているため

  • コートレンタルの価格が安い
  • 借りられるコート面数が多い

この2点が市民に嬉しいメリットになり、価格の安さが1番の利点と言われています。

その代わりデメリットとして

  • 「オーパス」という市が独自に利用している公共施設専用の予約システムに登録しなくてはならない
  • アウトドアのため雨の場合は利用できない
  • コートの場所によっては駐車場代が別途かかる
  • ラケットやボールなどの道具は自分たちで用意する

などが挙げられます。

民営コートのメリット・デメリット

民営のテニスコートのメリットとして

  • テニススクールなどが運営しているためインドアコートが多く雨でも利用できる
  • 直接電話やインターネットから予約や申し込みができるため手続きが簡単
  • テニススクールのトイレ、シャワー、ロッカー利用など、施設が充実している
  • コートが1面ごと区切られている場合が多いため、家族などで利用する際に騒いでいても周りに迷惑をかけにくい
  • コートが区切られていることでボール出し練習などを行っても隣のコートにボールが流れてしまう心配がない
  • 施設でラケットやボールをレンタルしてくれることが多く準備の手間が省け、コスパも良い

逆にデメリットとしては

  • 市営コートに比べると価格が高い
  • コート数が少ないため、土日など人気のある曜日や時間帯によってはコート予約が取れないことがある

などが挙げられます。

それぞれにメリット・デメリットがあるため利用する人数やタイミングによっては使い分けてみるのもいいかもしれませんね。

市営・民営別テニスコートレンタル料金

市営コートと民営コートのメリット・デメリットに挙がった「コートのレンタル料」がどのくらい違うものなのか気になるところです。
それぞれどのくらい違うものなのか、大阪府堺市での相場をもとに比較してみました。

市営テニスコートのレンタル金額

「市営テニスコート」は市が運営しているため、コートごとの料金の差はほぼありません。
堺市の市営コートでは平均2時間1,200円とリーズナブルな値段に設定されています。2これは平日の基本料金で、土日祝日はこれより割高になってくることが多いです。
割増の料金はそれぞれのコートによって異なりますが、概ね平日の基本料金プラス数百円程になっています。

民営テニスコートのレンタル金額

大阪府堺市の「民営テニスコート」のレンタル料金の価格ランキングを調査してみた結果、安さの第1位は「ジョイナス北野田テニススクール」でした。
平日料金が1時間2,160円、土日祝日ナイター料金が1時間3,240円です。
そして市営コートでも【人気の日曜日】の夕方16時以降、インドアテニスコートがレンタルできるということでとてもお得です。
※スクール会員価格のためビジター様ご利用の場合はお1人利用料金+432円がかかります。

大阪府堺市の民間テニススクールのみでレンタルコート料金を調べてみたところ、安さ2位以降のテニスコートレンタル料金は
平均で平日1時間3,000~4,000円、土日祝日ナイター料金で1時間4,000~5,000円が相場でした。
民間のテニススクールによっても価格にはかなり幅があるようなので詳細料金は各事業所を参考にして借りるコートを検討してみてください。 

市営・民営それぞれのレンタル方法

市営コートのレンタル方法

市営コートのレンタル方法は市が一括管理をしているため、基本的に大阪府堺市では「オーパス」というシステムに登録し申込みをする必要があります。
オーパスカードを持っていることで市民や在勤している人はインターネットからの申し込みが可能になりますが、カードの啓示をすることでコート管理事務所での直接申し込みをすることもできます。
また施設によってはオーパスカードを持っていなくても直接現地での申し込みができるところもあります。
いずれにせよ、【オーパスカードでは電話での予約申し込みができない】という点が最大のデメリットになります。

インターネット申し込みができるという利点はあるのですが、このオーパスカードの申し込みには
「申込用紙を入手する」→「受付施設へ直接持っていくか郵送」→「銀行引き落としの手続きをする」→「もう1度施設へ提出するか郵送」→「オーパスカードが届くまで待つ」
という手間がかかるためすぐにテニスコートをレンタルしたいという方には向きません。

民営コートのレンタル方法

民営コート(主にテニススクールなど)への申し込みはほとんど場合、各スクールのHPから電話で申し込むことが可能です。
ジョイナス北野田テニススクールのレンタルコート申込方法を例に説明していきましょう。
まずほとんどのテニススクールのHPにはスクールの電話番号が載っているのでそこに問い合わせをします。
すでに借りたい日にちや時間帯が決まっているのであれば、それを伝えてレンタル可能か確認してみましょう。
ジョイナス北野田テニススクールはHPにタイムテーブルを載せているので、そこを確認しレッスンがない空き時間がレンタルコート可能となっているため
その時間帯にレンタル可能かどうかを確認してみましょう。

レンタルコートできる日にちや時間が決定したら、お電話の段階で「お名前」「連絡先」「利用人数」などをお伝えいただき申し込めばその場で予約完了です。
テニスコートの利用料金も当日お支払いでOKなので非常に簡単にレンタルすることができます。

テニススクールによっては直接申し込みでなければNGであったり、料金前払いのところもあるのでご利用の際には各施設や事業所に確認をするようにしましょう。

まとめ

大阪府堺市でテニスコートをレンタルする場合、市営コートと民営コートがありますが、それぞれにメリット・デメリットがあります。
個人でコートを借りる際「どのような団体で」「いつ利用するのか」「利用する人にとってベストな施設はどこか」などを明確にしコート選びをすることをおすすめします。

ジョイナス北野田テニススクールはどなたでも簡単にお安くテニスコートをレンタルすることができます。

また人気の土日早朝のレンタルも可能なため試合前のウォーミングアップに1時間だけコートをレンタルしてから試合に臨む・・というのもいいかもしれません。

テニススクールのレンタルコートを上手に活用し、楽しいテニスライフにしてくださいね。