テニスのマナーについて

テニスにおけるマナーを知ろう

テニスは基本的なルールのほかに様々なマナーがあることを知っておきましょう。
当たり前と思ってなにげなくしていることでも、実は知らなかった・・なんてこともあると思います。なんとなくのことでも相手がいるスポーツである以上、ある程度のマナーが大切です。テニススクールではあまり教えてもらえない「なにげないテニスのマナー」を紹介していきます。

テニスをするときに知っておきたいマナー

セルフジャッジ

審判のつかない試合でプレーヤー自身が判定とカウントのコールをすることをセルフジャッジといいます。プロの試合を観戦しているとアウトorインのジャッジやカウントは全て審判に委ねられますが、一般的なアマチュアの試合ではセルフジャッジをすることがほとんどです。
基本的にネットから自分側のコートについて判定とコールをすることになっています。このときコールの声が小さいと相手に聞こえない場合があり微妙なジャッジのあとなどは特に、お互い確認を取るうえでも大きくコールする必要があります。
テニスコートは広いため、コールの代わりにしぐさやハンドシグナルでジャッジをすることもあります。そして試合中のコールはサーバーが打つ前にレシーバーに聞こえる声でアナウンスします。
カウントの仕方は以前スタッフブログで紹介した「テニスのルールについて」を参考にしてください。
またセルフジャッジで多い質問が「インかアウトか分からなかったときどうすればいいか」というものです。
基本的にジョイナス北野田で推奨しているのは「わからなかったら相手のポイント」というクリーンジャッジです。

他のコートを通る際のマナーとタイミング

テニスをするときに横並びのコートを渡って移動する際、コートの後ろを通ることがマナーとされています。普通に考えれば「1番邪魔にならない場所」となるわけですが、通る際に「ゲーム中は通らない」「通る際は小走りで素早く移動する」ことなどもマナーとされています。
練習中の場合でも「失礼します」と告げてから通り抜けるようにするといいでしょう。
ダブルスなどのゲームでコートを通って移動しなければならない時には4人そろってから移動してあげるなどの配慮をしてあげると試合をしている人たちの手間や時間を省いてあげることにもなるのでそういった気遣いがあるのもいいと思います。

隣のコートからボールが入ってきた場合

自分たちがプレーしているコートに隣からボールが入ってきた場合、どうしたらいいと思いますか?
そういった場合、自分たちのコートが試合中だった場合は「レット」とコールして拾ってあげるか、「どうぞ」と言って拾わせてあげましょう。この時、入ってきたボールが自分たちのプレーに影響がない(怪我をする恐れがないなどの)場所にある場合はプレーを続行し、ポイントが途切れた際に拾っても大丈夫です。
以前はボールが入ってきた際に「レット」の声かけができるのはボールが入ってきたコート側だけの権利とされていましたが、2018年のルール改正に基づき「ネット」「ノットアップ」「ファウルショット」なども両チームがコールできることになりました。
ただ、ボールが入ってきてレットをかける場合は入ってきた瞬間だけでしばらく経ってから自分に不利な状況などでレットをかける人などがいたりすることもあるので「ボールが侵入してきたときにコールする」ことが大切です。

ゲーム中は「お静かに」

硬式テニスの試合では一般の試合でもプロの試合でもプレー中は静かに観戦することが鉄則となります。
プロの試合をTVなどで観戦しているとよく分かるのが、会場にいる人たちはプレーヤーがサーブを打つ時からポイントが途切れるまでシン・・としていますよね。
テニスは観客以外のコーチでもプレー中に声を出すことが禁止とされています。
これはもちろん一般の試合なども同様で「前、前!」とか「今のアウトだったよ!」などとコート外から声をかけることもコーチングとみなされてしまいます。
「ナイスショット!」などは応援の掛け声ですが、ポイントが途切れた時などにみんな声掛けしていますよね。
プレーをしている人たちや見ている人たちにも迷惑がかからない程度に、マナーを守りましょう。拍手のみで「ナイスショット」を表現するのもいいかと思います。

相手にボールを渡すとき

テニスでボールを渡すときはワンバウンドで相手が取りやすいように渡してあげるのがいいでしょう。相手コートの人にボールを渡してあげる際に速いボールで渡すなどはマナーとして良いとはされていません。またこれは試合中でもレッスン中のゲームでも是非実践してほしいと思うのですが、自分のパートナーにボールを渡してあげる際にはラケットではなく手でバウンドさせて渡してあげるか、距離が近ければ直接手渡ししにいってあげるのもいいでしょう。

ダブルスの試合中に2球のボールを別々の人が持っていた場合、ボールを受け取る人から見て遠い人が先にボールを渡し、それに続いて近くの方の人が渡す・・というテニス独特のマナーもあります。
ただし状況によっては遠い方の人がボールを拾いに行っているなどしている場合「先に渡します」と言って渡してあげる方が効率的です。
その場の空気を読んであげることもテニスのマナーとしては必要となってくるのです。

マナーを守って気持ちよくテニスしよう!

いかがでしたか?

すでに実行している方も「初めて知った、今度からそうしよう」と思った方もすべての人が楽しく気持ちよくテニスをしてもらうために基本的なマナーをご紹介させていただきました。

スポーツは気持ちよくしたいものですよね。

これは大人の一般クラスはもちろんのことジュニアクラスの子どもたちにも小さいころから知ってほしいことだと思います。
ジョイナス北野田は試合に出ている一般プレーヤーから始めたばかりのエンジョイテニスの方まですべてのテニスプレーヤーにマナーを守って楽しいテニスライフを送ってほしいと思っています。
テニスのHOW  TOからルールやマナーなどの雑学までいろいろな情報を配信しています。
是非この機会に色々なことを知ってもらいたいですね!