テニスのグリップテープの種類と選び方

テニススクールでコーチが初心者の方から受ける質問の多くに「グリップテープの選び方」があります。
テニスを始めたばかりの方はまず始めにラケットを購入したり入会キャンペーンなどでもらったりするのですが、その際に新しいラケットのグリップのビニールをはがしてそのまま使ったりしていませんか?
テニスラケットのグリップ(持つ)部分は“元グリップ”というベースになる部分のみであるため、プレーする際にはその上にグリップテープを巻くことをお勧めしています。
もちろん初めから巻かれているグリップのままプレーすることも可能なのですが、長く使っていると汚れを伴い吸汗性も落ちてきてしまいます。
同時に表面の摩擦力も失われていくため、少し汗をかくとラケットが手からすり抜けやすくなってしまいます。これを防ぐためにもグリップテープを巻いてプレーをしてもらいたいと思います。
けれどスポーツショップやテニスショップへ足を運ぶと、ものすごい数のグリップテープの種類に圧倒されてしまうこともあります。それではどのようなグリップテープが自分に合っているのか一緒に考えていきましょう。

グリップテープは主に2種類に分かれている

ウェットタイプのグリップテープ

ほとんどのテニス愛好者が「ウェットタイプ」のグリップテープを使用しています。
このウェットタイプのグリップテープは、グリップを握った際に手に吸い付くような感覚のグリップテープになっていて、フィット性が高く非常に滑りにくい質感になります。 そのため握力がない女性やキッズ・ジュニア、シニアの方でもグリップが抜ける危険性が低いことから多くのプレーヤーに好まれているのです。
よく聞かれるのが“ウェットと言われるので吸汗性が低いのでは”という質問があるのですが、ウェットといってもグリップテープ自体がしっとりと湿っているわけではないので、しっかりと汗も吸い取ってくれるため吸汗性が悪いわけではありません。 但し使い勝手のいいグリップなのですが、吸汗性が限界まで達すると滑りやすくなるというデメリットが生まれるため、汗かきの方はこまめな交換必要になってきます。

ドライタイプのグリップテープ

ドライタイプのグリップテープは実はプロテニスプレイヤーが使用することで知られているタイプです。
特に海外のテニスプレーヤーが使うことが多く、持った感じサラサラとした質感であるためラケットを握っていると抜けやすさを感じるものとなっています。
しかしプロテニスプレーヤーがウォーミングアップを終え、試合や練習に臨むころには手にしっとりと汗をかいているため、その水分によって適度な摩擦が生まれ、非常に握りやすいグリップに生まれ変わるのです。
海外の方は唾液や発汗など水分を多く分泌することが多い体質のため、ウェットタイプの特徴に合致する方が多いとみられています。適度な握りやすさは些細な変化も影響するプロテニスプレーヤーにとって最適なものなのです。
もちろん一般プレーヤーの方でもさらっとした質感が好きな方は使用できます。
グリップテープの良し悪しは、特徴を知ったうえで使用してみてあとは本人の好み次第とも言えるのです。

ウェットグリップとドライグリップの違い

表面加工の違い

グリップテープの素材を理解したら、次は表面加工の違いを見てみましょう。
大きく分けてグリップの表面加工は「無地タイプ」「穴あきタイプ」「凸凹タイプ」の3つがあります。

無地タイプのグリップテープ

最もポピュラーなタイプの加工テープになります。
見た目でも分かるとおり無地タイプは全く加工されていないまっ平らでまっさらなグリップテープです。
このタイプの加工テープは平らな分、質感が全てとなります。加工を施されていてそれが気になって集中できない・・というような方はプレーに集中するためにこのような無地タイプをお勧めします。 ただ加工がない分、素材そのままの性能しかないというデメリットがあることも頭に入れておいてください。

穴あきタイプのグリップテープ

穴あきタイプのグリップテープはその名の通り、グリップテープに小さな穴が無数に開いているタイプのグリップテープです。
この複数の穴が開いていることから通気性に優れているのが特徴で、汗をかきやすい人におすすめのタイプの加工になっています。
また、穴によって多少凹凸が生まれるためフィット感が増すという特徴もあります。 長時間テニスをプレーする方にもおすすめのグリップテープ加工になりますが、汗をあまりかかない方は意外と滑りやすくなるかもしれないというデメリットがあるので注意してください。
普段から手汗が出る・・なんて方はこの加工グリップテープとの相性がいいと言えます。

凸凹タイプのグリップテープ

凸凹タイプの加工が施されているグリップテープは、グリップの中央に筋が入るタイプになります。この筋の周りに出来る凹凸によって高いフィット感が生まれるため握りやすさが向上するわけです。
他のグリップテープを使用した際に「握りの位置がよくずれてしまう」などという方におすすめのグリップテープになります。
また握力が弱い方も凸凹グリップの高いフィット性がカバーしてくれるため握りやすくなります。ただ、凸凹タイプのグリップテープは通常よりも少し太くなってしまう傾向にあるというデメリットもあるので、手の小さい方は購入の際に太さにも注意する必要があります。
以前の記事の「テニスラケットの選び方」にもあるようにグリップサイズをワンサイズ落として凸凹グリップを使用する人もいます。グリップに重点を置くか、ラケット自体のグリップの厚さを重視するかも好み次第というわけです。

凸凹加工がされているグリップテープ

グリップテープを巻き替える頻度

グリップテープは消耗品です。いくらいい素材のものを購入して巻いていたとしても劣化してしまったものをいつまでも使っていては効果が発揮されません。
自分のプレーの頻度を考慮して定期的に変えていく必要があります。

グリップテープの交換目安は「ウェット感がなくなる」「摩擦感がない、擦り切れる」「汚れや臭いが目立つ」など様々な点で交換時期を把握することができます。
使用時期だけではなく、このような劣化のサインが出たら交換する必要があります。
グリップテープの価格は比較的安いため、あまりケチらず定期的に交換するようにすることで、結果として快適なプレーへ導いてくれます。
分かりやすさでは週に1~2度プレーするスクール生の方は3ヶ月程度で巻き替えるようにしましょう。
マイティ制度を利している毎日でも頻度の多いプレーヤーの方は1ヶ月程度で交換することをお勧めします。
3ヶ月だとちょうどガットの張替え時期とかぶるからその時に一緒に巻き替えよう、という方も多いようです。
ジョイナス北野田テニススクールはクラブ内ショップでグリップテープの販売も行っているため、その場で購入して巻き替えることも可能です。
 自分にぴったりのグリップテープを見つけて、快適で楽しいテニスレッスンを受けていきましょう!