硬式テニスのラケットの選び方

自分に合ったテニスラケットを選ぶ!

テニスを始めてまだ間もないばかりの時。
上達してレベルが上がってきた時。
周りの友人が新しいラケットに変えてワクワクしているのを見た時。

テニスをされている方は様々な理由で新しいテニスラケットを購入する機会を持っていると思います。
「自分に合った1番いいラケットを選びたい!」と誰しも思うでしょう。
そんな時、どのようにラケットを選んでいったらいいのでしょうか。
自分に合ったテニスラケットを選ぶ基準を見てみましょう。

ジュニアのお子様のラケット選びを知りたい方は『テニスラケットの選び方~ジュニア編~ 』をご覧になってください。

ラケット選びは自分のレベルやスタイルから選ぼう

今日から始める!「はじめて」の人が選ぶ時

まずは自分のレベルを把握してみましょう。

「さぁテニスを始めよう、ラケットを購入するにはどんなものがいいかな?」と考えている方は
テニス用語でいう“厚ラケ(もしくはデカラケ)”を最初に選んでみるといいでしょう。
文字通りフレームが厚くなっているラケットのことで、テニス界では通称「厚ラケ」と呼んでいます。

厚ラケは通常のラケットより反発力があるため、力がない人やテニスを始めたばかりの人でもボールの重さに負けずに返球できるように作られています。
また、ラケット自体の重さも通常より若干軽くなっているので、疲れにくいという利点があります。
「軽くて飛びやすい」ということから、初心者でも力のある男性は逆に飛びすぎてしまうとことがあるのでパワーのある初心者の方はコーチに相談して選びましょう。
一般的に「テニスを始めたばかりの方」や「力があまりない初心者の方」は最初に選ばれるのにいいとされているラケットです。

またこの厚みのあるラケットは、フレームのサイズも大きくなっているため非常に安定感があり、初めてテニスをする方でも安心して使えるラケットになっています。
フレームが大きいと当たる部分も大きいので、最初はボールに当てることが難しそうでもラケットがカバーしてくれるので簡単に飛ばせるという利点があります。

初心者にはたとえばこんなラケット!
Wilson ULTRA XP 125
ラケットフレームが27ミリと厚めです。

初級~初中級レベルになってきたら

ジョイナス北野田テニススクールは初心クラスを設けており、はじめての人に優しいスクールです。
初心クラスの方は「受け放題」でレッスンに通うことができるため上達が早いです。
その際、初級クラスへの進級があったり上達することで、ちょっと打ちごたえのある打球を好むようになってきたら通常サイズのラケットに変えるのもいいでしょう。

通常のサイズと言われているラケットは、重さが約280g~300g程度でフェイスサイズ(面の大きさ)が100インチ前後のものになります。
このサイズはスクールに通われている方の初級~中級クラスの方が使われるのにちょうどいいサイズになっています。

通常サイズのラケットは厚みがある厚ラケの頃と比べると重さが少し増え、ラケットフレームの大きさが少し狭くなります。
ラケットフェイスの大きい方がもちろん当たる面が広く打ちやすいのですが、
通常サイズで使われる少し狭くなったラケットフェイスの方が当たる面は狭いけれど打感に優れ、ボールをコントロールする性能がアップするのです。

もう1つグリップサイズ(持つところの太さ)というものがあり、これはテニスのレベルは関係なしに手の大きさで選ぶようにしてください。
日本で発売されているラケットのグリップサイズは1、2、3、4の4段階に分かれています。
数字の小さい方が細く、手が小さい人が使いやすくなっていて、数字が大きくなるほど太くなり手の大きい人が使えるような仕様になっています。
自分の手の大きさにフィットしたグリップを選ぶことで、ラケットが握りやすくなり安定したショットを打てるようになります。 
初めてのラケット選びでは、どのグリップ・サイズを選べばいいのか分からないかもしれませんが、一般的には成人の男性でグリップサイズ3が1番多く、女性はグリップサイズ2を選ばれる方が多いです。

初中級、中級、中上級レベルの方に合うラケットの種類はとてもたくさんあります。
「どれがいいのかな」と迷うほど様々なメーカーから色々な特徴のあるラケットが出ています。
自分のプレースタイル、理想とするプレースタイル、デザイン、ラケットのバランスなど選ぶ要素はたくさんあります。

どうしようかな・・と迷った際はジョイナス北野田テニススクールのコーチたち にお任せください! みなさんと一緒にテニスをしているのでみなさんにぴったりのラケットを一緒に選ぶことができます。

初級~中級クラスの方は例えばこんなラケット!
Prince BEAST 100
使いやすいラケットの代表です
初中級以上で人気のラケット!
YONEX EZONE 100
大坂なおみ選手も愛用の人気モデル

もうすっかり上達!その時選ぶラケット

テニススクールでは中上級~上級クラスになっている方。
最近はスクール内トーナメントだけではなく外の大会も出ているなんて方。
そろそろ上級者向けのラケットに変えてみようかな、というのもいい選択だと思います。

男性の上級者は特にハードヒッターであったり、攻撃的なストロークで試合を支配したいという理由でラケットのレベルアップされる方も多いでしょう。
女性でも打ちごたえのあるショットの臨んだり、より一層コントロールを重視したい!なんて方もラケットの特徴を選んで買い換える方が出てきますね。

中上級~上級者向けのラケットは通常サイズのラケットの重さプラス10~20gアップのラケットで、フェイスサイズも97~98インチとより一層狭いサイズになってきます。
上級者向けのラケットはボールが飛びにくく、面の安定性を求められるようになってきますが、
その分使いこなせるようになってくるとパワーのあるボールが打てるようになったり、コントロール性能が上がるなどの利点も出てきます。

もちろん女性の中上級レベルの方で重さではなくコントロール性能や全体のバランスを重視したラケットなども多く存在します。
自分のプレースタイルを分析し、試打などをして気に入ったラケット選びをすることをお勧めします。
ジョイナス北野田テニススクールはテニスの経験が豊富なコーチが揃っているのでラケット選びに迷ったら相談するのもいいですね。

たとえばこんなラケット!
バボラ ピュア ストライク VS ツアー
ハードヒッターに人気の上級者モデル

ラケットはたくさん買い換えなくても大丈夫

テニスラケットには様々な種類があり、レベルに合わせてラケット選びをしていく必要があります。
始めたばかりの頃や力がないウィークポイントがある人は厚みのある軽いラケットでカバーすることができるし、
上達してきたらラケットフレームが薄く重さのあるラケットに変えて打球やコントロール性能を上げることもできます。
もっと上達して「速くて重いボールを打てるようになりたい」「試合で勝っていけるようなラケットにしていきたい」など希望のスタイルに合わせて変えてみてください。

「えっ、ラケットはどんどん買い替えなければならないの?」
「買い替えばかりではお金がかかってしまうのかな」
・・ということではありません。
テニスラケットは自分のプレースタイルや希望に合わせてうまくシフトチェンジすることができ、テニスライフをより良いものにしてくれるということなのです。

初めてテニスをされる方で、道具を揃えるのが大変そう・・という心配が最初に来る方も多いかと思います。
ジョイナス北野田テニススクールの初心クラスは入会時にラケットとテニスシューズがもらえる特典付きなので、すぐにスタートできるというメリットがあります。

始めてから次はどんなラケットにしようか、自分に合ったラケットはどんなものがいいかと悩んだ時に是非参考にしていただけたらと思います。
ジョイナス北野田テニススクールのスタッフはそんなみなさまの声に「ラケットのベストチョイス」をお手伝いさせていただきます。