テニスラケットの選び方~ジュニア編~

子どもにぴったりのラケットサイズを選ぼう

子ども用のラケットを購入しようと思うんだけど、サイズがよくわからない・・
キッズクラス、ジュニアクラスの親御さんからよく聞かれる質問の1つです。
テニスクラブはラケットレンタルをしているところも多いですが、頑張っているお子さんを見ていると「自分専用のラケットを買ってあげよう」という気持ちになったり、子どもの方から「ラケットがほしい!」とおねだりしてきて買うことになった、というケースも少なくありません。
では、子ども用のラケットはどのようにして選べばいいのでしょうか?
現代のキッズ・ジュニアテニスの道具は非常に進化していて子どもの身長や体格などから使いやすく開発されているものが多いのでベストなものを選んであげるようにしましょう。

キッズ用のテニスラケットを選ぶ

テニスは何歳から始められるものなのでしょうか。
一般的にテニススクールでは4歳からキッズクラスとして受け入れるところが多いです。
最近では3歳からスタートできるところもあるようですが、基本的な目安としては「コーチの言うことがある程度理解できる年齢」を基準としています。3歳といってももうすぐ4歳とになる3歳と4歳半では月齢数の違いは大きくなくともその年齢の子どもにとっては大きな違いがあります。また、成長の段階にも個性があるため一概に「何歳から始める」と言えないのです。
キッズクラスに該当する概ね4歳~5歳の子どもたちに選んでほしいラケットはどのようなものなのでしょうか。

1番小さいサイズのテニスラケットは?

子ども用テニスラケットの1番小さいサイズは一般的には19インチで(メーカーによっては17インチを販売しているところもありますが)、アルミ素材でできているため非常に軽く使いやすいサイズになっています。大人の通常のラケットが280~300gなのに対して19インチサイズのラケットは175gです。
4~5歳のお子様によく使われるサイズですが、基本的にはテニスラケットは身長に対するサイズ選びをしていきます。
この頃のお子様に該当すると思いますが、身長90センチ~105センチくらいのお子様にちょうどいい子ども用テニスラケットは19インチになります。
適正身長の幅が広いけれど、グリップを持った状態で“気を付け”の姿勢をしたときにラケットのヘッド部分がくるぶしにくるくらいの大きさがちょうどいいサイズとされています。
参考にしてみてください。

レッドボールの大きさ

ジュニア用のテニスラケットを選ぶ

ジュニア用のテニスラケットは大きく分けて4つの段階に分かれています。
現代のジュニアテニスは昔のように大人と同じ大きさ、重さのボールを使わず、コートサイズも体の大きさによって違うため子どもたちがテニスを気軽に楽しめるようになっています。それに伴いジュニア用のラケットも子どもたちの体の大きさによって段階的に変化をつけているのです。

ジュニアテニスの第一段階

ジュニアの使うラケットサイズの1番小さい21インチタイプは年中~小学校1年生くらいまでの身長95~115センチのお子様にちょうどいいサイズです。
これもあくまで「基準」のため子どもたちの身長や力の強さによっても多少異なるためラケットサイズの前後は担当コーチに相談するのがベストです。
19インチに比べると重さはたったの10~20g程度しか変わりませんがラケットの長さが少し長くなるため「持てるか持てないか」ではなく身長に対する比率を重視することをお勧めします。
この頃使用するテニスボールは「レッドボール」といい赤くて通常の黄色いボールより大きく軽いものとなっているため、21インチサイズでも十分飛ばすことができるのです。

ジュニアテニスの第二段階

小学校低学年になると徐々に身長も伸び、105センチ~125センチくらいになってくると思います。このくらいの身長になってくる第二段階では23インチのラケットに移行することをお勧めします。
19インチ~23インチのラケットまではアルミ素材のジュニアラケットが多いので身長に比例するラケットの大きさでほぼ「重いから使いにくい」ということはないでしょう。
この頃のジュニアクラスでは今まで使用していたレッドボールから徐々にオレンジボールというオレンジの少しサイズが小さく飛ぶボールを使用するようになるためラケットサイズもそれに合わせて変えていくことで良いパフォーマンスにも繋がっていきます。

ジュニア用テニスラケット

ジュニアテニスの第三段階

小学校中学年くらいになってくると身長も115~135センチくらいになってくること思います。この頃から男の子は特に少しずつ力も強くなっていくためラケットサイズを25インチに変えていくことをお勧めします。
25インチ以降のラケットはカーボン製のものが多くボールに対する反発力も出てくるのでより一層通常のテニスに近い打感を感じられます。
ボールのカラーもオレンジボールからだんだんグリーンボールという通常の黄色いテニスボールの1つ下の段階にまでなってきます。
グリーンボールは通常の黄色いボールとサイズは全く同じなのですが軽くバウンドが少し低いということからジュニアの練習だけでなく一般の大人でも初心者クラスで使用されることもあるボールです。
中~高学年くらいからこのようなボールに慣れるためにラケットサイズもまた1つ大きくなっていくというわけです。

ジュニアテニスの最終段階

ジュニアテニスの最終段階は小学校高学年~中学生くらいまでが使用できる26インチのラケットを使用することをお勧めします。身長でいうと125センチ~145センチくらいの子どもたちが使用するのにちょうどいいサイズとなっています。
メーカーによっては27インチという細かく分かれたサイズを販売しているところもあります。重さでいうと10~20g程度しか変わりませんが、ボールが今までよりも重いイエローボールも使用するようになってくるため、打った時の打感で「重い」と感じたり「全然大丈夫」と感じるのも身長だけではなく性別、力の強さ、体格なども関係してくるためコーチやお子様の意見を参考に移行していってください。

子ども用ラケットサイズの段階

まとめ

子どものラケット選びは大きく分けて19~26インチまでの5段階に分かれています。
小学校に上がる前から低学年ごろまではアルミ素材のジュニア用ラケットを使用していくため身長に対するラケット選びが主となってきますが、中学年以降から上はカーボン素材のラケットになっていくため、身長だけではなく力の強さや体格なども考慮しながらラケット選びをしてくことをお勧めします。
今はラケットショップやテニススクールだけではなく気軽にインターネットで購入できるためサイズ選びに迷ってしまったら通っているテニススクールでコーチに相談するのもいいかと思います。

ジョイナス北野田テニススクールではキッズ・ジュニアテニスをする子どもたちにベストなラケット選びができるコーチが揃っているのでラケットの購入やサイズ変更をする場合はコーチに相談してみてくださいね。
お子様と一緒に打ちやすいラケット選びをしてより良いテニスを楽しんでいきましょう。