レッスン中にもやってほしい!テニスのゲーム中のマナー

テニスが好きで週に1回レッスンに通うテニス愛好家や、毎週試合に出ている!なんて草トーナメント愛好者までテニスを好きな人には幅広い層があります。
プロの試合を観るのが好きでゲームを見ているだけの人でも、「試合のルールは分かるが一般的なゲームでのマナーを知らない」ままにしてしまい経験だけが増えていくこともあります。

「え?テニスってルールが分かっていれば誰でもゲームできるんじゃないの?」と思うかもしれません。もちろんゲームをすることは可能です。

テニスは個人競技と言えども対戦相手がいるスポーツ。ましてやダブルスでは自分のほかに3人もの人がコートにいるのですから自然とやらなければならない暗黙のマナーがあったりするのです。
テニススクールのレッスンではなかなか教えてもらえないちょっとしたテニスのゲーム中のマナーをご紹介したいと思います。

ゲーム中の挨拶

テニスのゲームは開始時にコイントス(通常草トーナメントやテニススクールのゲームではラケットを回してUPかDOWNかを決めること)を行いサーブかリターン、もしくはコートをチョイスします。
どちらの選手がサーブを打つか決まったらコートに分かれたらいざ開戦。サーバー(サーブを打つ人)はサーブを打つ前に「お願いします」と一言声をかけるようにしましょう。
ほぼ同じタイミングでその他の選手も「お願いします」と声をかけることがほとんどです。
この「お願いします」には対戦相手に対して「これから試合をします、よろしくお願いします」という意味や自分のペアに対して「一緒に試合を頑張ろうね、お願いします」という意味合いも含まれています。
終了時にはネット付近にお互い駆け寄り「ありがとうございました」と握手を交わすようにしましょう。これはプロの試合でも必ず行っていることで外国の選手だと肩をたたきあって称賛したり感謝の意味を込めてハグをしたりする光景も目にします。
一般的なゲームではネットを挟んでお互い握手を行い「ありがとうございました」と声をかけてください。
ダブルスのゲームでは4人がネットの周辺に集まる状態なので
①ネットを挟んで向かい合った人(対戦相手)と握手する
②ネットを挟んで向かい合った(対戦相手)の斜めの人と握手する
③自分のペアを握手をする
という順番で握手をするようにしましょう。
テニススクールのレッスン内では1ゲーム程度のローテーション制ポイントゲームで毎回握手をする必要はありませんが、4ゲームを行うくらいの長さのゲームではほとんどの場合終了時の握手を交わします。
基本的には「握手をするものだ」と構えておき、ゲーム数が少ない場合は雰囲気を見て周りの人がネットの周りに集まるようなら駆け寄り握手を交わすとマナー違反にはならないです。

ゲームのコールははっきり聞こえるように

草トーナメントなどに出場している選手はしっかりとしたコールができています。
テニススクールで行うミニゲームの中ではコーチがコールをしてあげてしまうことが多く「ポイントのコールはしてもらえて当たり前、ゲームポイントも誰かが覚えているだろう」と思ってしまう傾向になることがあります。
テニスのゲームポイントのコールはサーバー(サーブを打つ人)がサーブを打つ前に「15-0」のようにコールしてからゲームをスタートします。
ジョイナス北野田テニススクールはテニスレッスン時に行うミニゲームの中でも基本的には生徒さんにコールをしてもらうようにしています。コーチが声をかけないのではなく、初級から上級の全ての方に「サーブを打つ人がコールをする」というテニスのマナーを覚えてほしいからです。
これは大人のクラスだけではなくジュニアクラスの子どもたちにも行ってもらっています。もちろんカウントの数え方やコールの仕方に自信がなくても大丈夫です。
ジョイナス北野田テニススクールは初心者に親切・丁寧なテニススクールです。カウントの数え方に不安があってもコーチが一緒にカウントしてくれたり一緒にゲームをしている生徒さん同士で「カウントこうだったよね」と助け合いながらゲームのカウントの仕方を一緒に学んでいけます。
テニスのルールやカウントの数え方をもう1度おさらいしたい方はジョイナススタッフブログ「硬式テニスのルールを学ぼう」を参照ください。
ジュニアクラスの小学生も「カウントは英語だから分からない」と言わずコーチや周りと協力しながら自分でコールができるように頑張っています。
こういうところからテニスのルールだったりマナーや英語のカウントの仕方まで学べるのですからテニスは教育の面でも素晴らしいスポーツです。

ポイントが途切れた時近くのボールを拾って渡す

テニススクールではゲーム練習のときにポイントが途切れるとコーチがパッと渡してくれる光景をよく見ます。これはレッスン中の進行をスムーズにするために行っているのですが、実際のゲームや外で友人と楽しむためのゲームでは途切れるたびにボールを渡してくれるようなことはしてくれません。

中級以上のクラスに進級、もしくは在籍している方はそろそろポイントが途切れた際にボールの回収作業をできるようにしておきましょう。
簡単に言えば自分の近くにあるボールはその人が率先して取りに行くようにしましょう。
ロストボールのほとんどはサービスの際にひっかかってしまったネット際、ラリーが途切れた際のバックネット周辺が多いです。
ネット際のボールはダブルスゲームの場合ボレーヤーが比較的近い位置にいるので自分のコート側にかかっているボールはそのコート側の近い人が取るようにしましょう。
逆にバックネット側に落ちているボールはストロークで打ち合っていた人が近くになるはずですから取りに行くようにしましょう。
拾ったボールは自分が次のポイントでサーバーであればそのままポケットに入れればいいわけですが、相手チームに渡す際に距離がある場合はラケットで、近い場合は手投げで1バウンド(距離が長ければ2~3バウンドでもOK)して相手の胸元にバウンドするようにゆっくり返しましょう。
拾ったボールを自分のペアに渡す場合はラケットは使わず手投げでワンバウンドして渡してあげるか、距離が近ければ近づいて手渡ししてあげるようにしましょう。

テニスのゲームに関するマナーは少し細かくなってしまいますが、実はテニスは紳士淑女のスポーツと言われただけあって相手を気遣ってあげる場面が多かったりするのです。 その分このようなマナーを守ってあげることで気遣える気持ちが芽生えたり、気持ちの良い心配りが身についたりするのです。
まだ初心者のうちはコーチが色々やってくれたり周りが気遣ってくれるものですが、ゲームのカウントが分かり基本的な運び方が分かってきたのであればゲーム中のマナーも学びスマートなマナーができるテニス人を目指してみてください。
ジョイナス北野田テニススクールは技術向上に加えこうしたテニスのルールやゲームでのマナーも一緒に学んでいけるスクールです。
大人のクラスだけでなく子どもたちにもテニスのマナーを学び気遣える人を目指してもらいたいと思っています。
1度覗いてみようかなと思った方は体験レッスンもありますので足を運んでみてくださいね。