テニスが上達するコツ ~コーディネーション能力を鍛えよう!~

テニススクールに通っていると、技術の向上を目指し「こんな風になりたい」「こんなショットが打てるようになりたい」と考えることも多くなるでしょう。
テニススクールには自分と同じくらいのレベルの人同士が集まり、年齢に差があれども皆同じように楽しくもあり、また上達したいと考えるものです。
同じレッスン数をこなしていても上達の速度は人それぞれです。
テニスの技術向上にはなにかコツがあるのではと思う方はぜひ試してみてください。

コーディネーション能力を高める

「コーディネーション」・・この言葉を初めて聞いた方も多いかと思います。

コーディネーション能力は「自分の身体を巧みに動かす能力」のことで、主に「リズム」「バランス」「変換能力(体の切り替えし)」「反応」「連結(体をスムーズに動かすこと)」「定位(動いているものと自分との位置関係を認識する能力)」「識別(道具を上手に扱う力)」の7つの能力のことをいいます。

テニスだけではなく、どのスポーツにも(特に球技)にはこのコーディネーション能力が非常に重要なのです。テニスはラケットを扱い、相手がいるスポーツであり、この7つのコーディネーション能力を向上させることで上達が早くなります。

このコーディネーション能力は神経回路を発達させる動作になるため、年中から12歳くらいまでの子ども時代に培うことが重要になります。けれど大人になってからでもいろいろな動きを身に付けておくことでテニスの上達にも役立ち、体の状態を良好に保つ手助けにもなります。
コーディネーション能力はどのようにして身につければいいのでしょうか。
実は簡単に家でもでき、家族や友達などと行うことができるのです。

まずはコーディネーション能力チェック!

自分のコーディネーション能力がどのくらいのものかちょっと気になりますよね。
7つのコーディネーション能力のうち、うまくいかないものや苦手なものを向上させてテニスの技術UPにつなげていけばいいのです。
まずは簡単にできる4つの項目でチェックしてみましょう。

①両手を前に出し、グー・チョキ・パー、足はグー・パーで10m程度前に進む
②目を閉じて手を腰に当て、片脚で20秒間立つ(左右どちらも行ってください)
③仰向けに寝てクッションかボールのようなものを落としてもらい、身体をひねって素早くよける。5回連続成功すれば合格!
④自分より高く上げたボールを1回転(横に1回まわるでOK)してからキャッチする。右、左まわりどちらも行い2回連続成功すれば合格!

さて、いかがでしょうか。
①が上手にできなかった方はリズム能力が少し弱いようです。
テニスの時にスプリットステップがうまくできなかったりサーブのリズムが取りにくいなと感じることがありませんか?

②ができなかった方はテニスのラリー時に相手に振られてボールを追う際にバランスがうまく保てずいいショットで返球できないことがありませんか?
この動作が苦手な方はバランス能力を身につける必要があります。

③が苦手な人は反応能力を鍛える必要があります。
テニスで思い当たるのはボレーボレーの際などに「フォアだ」「バックだ」とすぐに反応できなく戸惑ってしまうような場面があったりするかと思います。

④は定位能力のチェックでうまくできなかった方は、テニスのときにも動いているボールに対して距離感が掴めなかったり相手のポジションがうまく把握できていなかったりします。

このように少し細かうく分けて見てみると自分に必要なものが分かってきます。
それではどのようなコーディネーショントレーニングをしていったらいいのでしょうか。

簡単にできるコーディネーショントレーニング

色んな方向にスキップする

これは1人でもできるので非常に簡単なトレーニングです。
まずスキップをしましょう。(この時点でできないとかなりまずいです。笑)
スキップができたら円を描くようにスキップしたり、斜めにジグザグスキップしたりと方向を変えて行ってみてください。
これは先ほどのチェックで①が苦手だった方にオススメのトレーニングです。
体に備わっているリズム能力を高め、テニスのリズムにも役立ててみてください。

四つん這いで対角線上の片腕片脚を浮かせる

こちらも1人でできるコーディネーショントレーニングになります。
先ほどのチェックで②が苦手だった方はバランス能力を高めていきましょう。
四つん這いの状態から片腕と片足を交互になるように同時に上げてみましょう。この状態を10秒ほどキープして逆をやる・・という感じで繰り返し行ってみてください。
ふらつかなくなるようになればバランス感覚が身についてきている証拠ですよ。

後出しじゃんけん

お子様だったら親御さんと、家族やご夫婦でもだれとでもできる簡単なトレーニングです。
一緒にやってもらう人に普通にじゃんけんしてもらい、自分は相手が出したものに「勝つもの」をわざと変えて出すようにします。トレーニングなのでなるべく早く出せるように頑張ってみましょう。5回ほど行ったら今度は「負けるもの」を出せるように変えていきましょう。
これは先ほどの③が苦手だった方にお勧めですが、苦手じゃない方も是非トライしてもらいたいトレーニングで変換や反応能力を鍛えることができます。

ボールキャッチ

これは1人でも2人でも簡単にできる方法をご紹介します。

1人の場合は投げたボールを1バウンドさせてキャッチし、できたら次は2バウンドでやってみてください。
2人で行う場合はお互いにキャッチボールをする形で1バウンドさせてみてください。この際も2バウンドキャッチボールを入れてみてください。
特に2人で行う場合は2バウンドまで行うことでテニスの1バウンド目がボールのバウンド位置、2バウンド目が打点と同じ場所になるので定位=動いているものの位置を把握する能力を磨くことができます。

テニスに必要なコーディネーション能力をUP

テニスの技術向上には練習はもちろんですがこうしたコーディネーション能力を向上させることもスキルアップの方法なのです。
ジョイナス北野田テニススクールは楽しくテニスレッスンすると同時にこうした体の使い方を混ぜ合わせて技術向上していくことを推奨しています。
お子さんはもちろんですが「最近体の反応が・・」という方も是非トライしてみてくださいね。
テニスは様々な動作を必要とするスポーツです。まだテニスをしたことがない方も体験レッスンなどでどんなことをするのかイメージできるので足を運んでみてください。