テニスのサービス、確率をUPさせる近道とは

テニスのサービスでよく聞くアドバイスには自分のためになることとかえって上達の妨げになってしまうことがあります。どこが間違っているのか?どこが正しいのか、どうすれば良いのかなどを分析し、自身の悩み解決になればと思います。

Tennis player serving

『サービスは横を向いて打つ』は正解?

初めてサービスを習った時に「横を向いて打つように」と言われたことがあるのではないでしょうか。
テイクバックで横を向くことは正解なのですが、スイングに伴い上体を回すことで最終的にはインパクトの時点で前向きになっていくのが基本です。
体を回す際に腰を回しながらインパクト時に胸がほぼ正面を向くようにしていきます。

この「サービスは横を向いて」というニュアンスをそのまま行い、打つ時まで横向きを維持してしまうと右肩が後ろに残り腕がロックされてしまいます。
上体を回し、肩を前に出すことで腕も制限なく前に触れるようになります。

これはフラットサーブを打つ際に必要な最初の段階なのでスピン系のサーブを打つ際に体を回しすぎず腰や胸も斜め前向き程度に抑えるなど加減が必要です。
サービスの質を向上させようとして回転やスピードを加えようとすると今まで入っていたサーブの確率が落ちることがあります。
スピード重視ならより前向きに、安定性を上げたいのであればやや横向きの度合いを強く・・などといったように調整を加える必要があります。

「トスは両手を万歳のように上げる」は正解?

こちらも初めてサーブを習う際によく言われる「トスを上げる際には右手でラケットを担ぐように」というアドバイスですが
これは初心者の方がサービス時のトスアップとラケットを担ぐ両手の運動を覚えるために例えられる表現で最終形態ではありません。

ずっとそのままのイメージを持ち続けていると自分のイメージするより良いサービスに近づく妨げとなってしまうことがあります。
もっといいサーブを打とうと思って技術向上をはかっているのにうまくいかない原因はそこにあるのかもしれません。

万歳の形のままだと両手を上げ終えたときに肩のラインが水平になってしまいます。
このビギナーの形からもっといいサービスを打とうと向上している最中であればこの肩の水平は妨げになります。
最終的にいいサービスを打つためには左手を右手よりも少し上に上げることが必要です。
初心者の時に習った形からよりいっそうスピードや回転ようと思うのであれば是非ここを意識してみましょう。

「膝をしっかりまげて身体を反らせる」は正解?

膝の曲げ伸ばしや体のそりを無暗に求めるのはナンセンスです。
確かにプロはしっかり膝を曲げてこれでもかというくらいに体を反らしています。
けれど一般プレーヤーにそこを求めすぎても無理な話です。
これは初心者の方だけでなくテニススクールに来られる方には様々なレベルや年齢、体の硬さや体格がそれぞれみな違うからです。
それぞれに「できる」「できない」ことがあるのです。

自身の筋力量に見合わないものを求めるとかえってパワーロスに繋がることもあります。
体の反りについても同様で、下→上のパワーを確立させ前へのエネルギーにつなげることは容易なことではありません。

膝の曲げ伸ばしや体の反りは無理のない範囲で行うべきです。
もっと大切なのはサービスの打球後、姿勢をきちんと保てているかです。
自身の打ち終わった後の姿勢を見てみてください。
体の軸がまっすぐなままでバランスを綺麗に保てているでしょうか?
きちんとしたバランスが保てているようであれば自分に合った膝の曲げ伸ばしや反りが適切だったことが証明されいます。

自分のサービスを向上させようとして確率が悪くなったり以前できていたことができなくなったりした場合は体のバランスについて見直してみるといいでしょう。

「腕をしっかり伸ばしてインパクト」は正解?

腕をしっかり伸ばして打つ、というのは正しい表現のように思われますが、ピンと伸ばし切ったままの状態で打つことは問題です。

肘と手首とラケットが一直線になるように・・と言われたものですが本当の意味で「一直線はNG」。
「遊び」と言われるゆとりを持たせることが必要なのです。
正確には打球後に伸ばし切ること。
手首に少し角度をつけて肘に余裕を持たせることを意識してみましょう。
インパクトで肘と手首に遊びがあれば、そこから更にボールを押すことができます。
パワーを加えたい場合はそこを意識してみましょう。
腕をしっかり伸ばすのは打球後の動作だと思ってやってみてください。

テニススクールで自分に合ったアドバイスを受ける

ネットや雑誌で見る「一般的なアドバイス」は一般論であり、それぞれタイプの違うみなさんには当てはまらないこともあります。
本当に自分に合った技術向上の方法や自分の癖をなおすのであればテニススクールなどでコーチから実際に見てみもらったアドバイスを受けることをお勧めします。
ジョイナス北野田テニススクールは通常クラスだけでなく少人数制で受けられるスポットレッスンを開催しています。
そして嬉しいのはこのスポットレッスンやイベントレッスンがスクール生以外の外部の方が受けられるというシステムであること。
自身のテニススキルをアップさせるために今よりいい環境で、より自分に合ったアドバイスがもらいながら技術向上をはかることが上達への近道と言えます。