テニスをするときの「動きやすい格好」とは

テニスをするときにはどんな服装がベスト?

テニススクールの体験レッスンや入会時に「動きやすい服装でお越しください」と書いてあることが多いのですがはたして“動きやすい服装” “テニスをするときの格好”とはどういったものなのでしょうか?
初めてテニスをする人やこれからスクールに通おうとしている方のはそのシンプルな「動きやすい格好」の詳細が分かりませんよね。
今回はその素朴な疑問を解き明かしていきたいと思います。

テニスをするときの服装はどんなスタイルか

動きやすい格好=Tシャツ、短パンでOK

基本的にみなさんが学校の体育の授業でしていたような服装を思い出してください。
Tシャツのようなトップスと短パンがメインだったと思いますが、比較的気温の温かい季節(4月~9月頃まで)はほぼそれでOKです。

ボトムスですが、男性の場合は短パンを着用するときに上記のウェアのように膝が隠れるか、少し膝上くらいの長さが現代テニスでは主流となっています。
女性の場合はスコートかショートパンツが多く、中には七分丈など長さのバラエティも様々なので好きな丈を合わせて履くことができます。

Tシャツは普段着ではコットン素材のものを着用することが多いと思いますが、スポーツをするとき用のドライフィット素材(汗をかいてもすぐ乾くような素材のもの)を着用された方が心地よく運動ができます。

問題はこれから訪れる秋から冬のシーズン。
テニスを始めると温かいのですが、始めるまでが寒かったりすることもあります。
男性も女性も「ウォームアップ」という長袖・長ズボンを、このTシャツと短パンの上から着るようにしましょう。
夏から秋、春から夏への季節の移り変わりにはこのウォームアップが大活躍します。
ウォームアップの下に半袖・短パン(もしくはスコートなど)を重ねて着ることで暑くなってきたときにすぐ脱ぐことができるのがポイントです。

ジョイナス北野田テニススクールのように完全インドアテニススクールは日焼けの心配がない上に寒い季節でも比較的快適にテニスができるので、このような格好を上手に組み合わせることで暑さ寒さ対策もできます。
アウトドアでテニスをされる場合(特に女性は)インナーウェアを着るなどして日焼け対策をしたり、寒い季節は厚めのウォームアップと合わせて着用することで寒さを乗り切ることができます。

メーカーもデザインも自由!動ければOK!

ウォームアップはどのようなものがいいの?

ウォームアップ(上下)は保温効果抜群!

先ほどのTシャツ・短パンスタイルに加えて着る、これから必要なウォームアップはどんなものを用意するといいでしょうか。

そもそもウォームアップとはどのようなものか?

簡単にいうと体を保温するための長袖長ズボンの着衣と考えてください。
夏場はほとんど準備する必要がないのですが、寒い冬はもちろんのこと気温が変わりやすい春秋シーズンは運動の前後で体温調整が必要になってくるためウォームアップを着ることをお勧めします。

ウォームアップは色々なメーカーから出ていますが、特にテニスだからといってテニス用のメーカーウェアを用意する必要はありません。
もちろん「格好から入りたい!」という方は好きなメーカーでばっちり決めて気持ちをたくさん盛り上げるのも大切なことです。

今、テニスで人気のウェアメーカーと言えば王道で「Wilson(ウィルソン)」「YONEX(ヨネックス)」「BabolaT(バボラ)」あたりでしょう。
ウィルソンは錦織圭選手がラケットを使っていることで注目を集め、ヨネックスは大坂なおみ選手の仕様ラケットのメーカーです。
バボラはラケットもウェアも根強い人気を誇っています。

ウォームアップから薄手の半袖にシフト

特に季節の変わり目で気を付けたいのがウェアのシフトチェンジです。

テニススクールに来る際はこのような長袖・長ズボンのウォームアップで来られるのが気温の変化にも対応しやすいでしょう。

特に春先や秋は朝晩が冷えるためウォームアップは大活躍です。
お子さんが部活などでテニスをしている方も朝練習・試合の行き帰りなどこのような格好で体調を管理してあげるようにしましょう。

ウォームアップの中には春秋用の薄手のものから、真冬には裏起毛のようなものやヒートテックのような温かさを保ってくれる素材まで様々な生地のものが各メーカーから出されています。

ウォームアップは厚手のものから薄手のものまで様々
さっと脱いで薄着になれるようにしよう

また、女性は年中通して「ショートパンツだけで足を出すのはちょっと」という理由や保温のためにショートパンツやスコートの下に「レギンス」を履かれる方が多いです。
レギンスはわざわざスポーツ用を購入しなくても、通常の私服用レギンスを活用していただいて問題ありません。
レギンスも5分丈~10分丈など、様々な長さがあるので好きな長さを選ぶことが可能です。
とにかく自分が「快適に運動しやすい格好」であればテニスメーカーであってもなくても、人気メーカーであってもなくてもOK!
そんな風にテニスはラフで気楽に始められるスポーツです。

【注意】
ただ、メーカーによってはヨガやジョギング用などボトムスのポケットがついていない場合があります。
テニスはボールをポケットにしまう場面が度々ありますので、ポケットがついているものを選んでいただけた方が便利です。

レギンススタイルで足を隠せるタイプ

ジュニアは普段の格好でOK

お子様の体験レッスンの際によく聞かれる「どんな格好で行ったらいいですか」という質問にも同様の答えです。
真冬でない限り運動する際に汗をかいても適応できる格好(Tシャツや短パンになれる格好)に上着を羽織ってくるスタイル(夏場はなくてOK)が1番安心かと思います。

子どもたちのテニスをする服装は私服で着用するようなもので全然構いませんが、「長い紐がついている」「大きな金具などのひっかりのあるもの」などはプレー中の事故につながることもありますのでシンプルなものを着用するようにしましょう。
また、動きやすい格好のなかに「デニム」が入ると思われがちですが、テニスのレッスンにデニム地はおすすめできません。
デニムは丈夫な素材ですが、動くには少し硬すぎて汗を吸ってくれません。
テニスは体の動きが自由になれる柔らかい素材のものを選んであげるようにしましょう。

なんだ、テニスの格好って実はとっても簡単!

テニスのスタイルは実は意外と自由で家にあるもので簡単にスタートできるものだったりするのです。
初めは形から・・と色々なウェアをそろえるのは大変ですよね。
よく質問で「ユニクロとかでも大丈夫ですか?」と聞かれますが全然OKです。
自分が汗をかいても快適に動けるだろうな・・と思えるものなら何でも大丈夫です。

ジョイナス北野田テニススクールはアットホームなスクールなので、そんな素朴な疑問にもコーチや一緒にテニスをする仲間たちが教えてくれます。
時期によってはスクール内でテニスウェアが特価で購入できるキャンペーンも行っています。

ジョイナス北野田テニススクール「体験レッスン」や入会後の初回のレッスンに来られる際には「動きやすくて無理のない格好」でスタートしてみましょう!
レッスンに通っているうちに、コーチやほかの生徒の皆さんの格好を見て「こんなのあるんだ」「それどこで買ったの?」など話題も広がります。
自分のしてみたい格好や素敵なウェアが見つかるかもしれませんね。