テニスをするときの格好とは

テニスをするときにはどんな服装がベスト?

テニススクールの体験レッスンや入会時に「動きやすい服装でお越しください」と書いてあることが多いのですがはたして“動きやすい服装” “テニスをするときの格好”とはどういったものなのでしょうか?
初めてテニスをする人やこれからスクールに通おうとしている方の素朴な疑問を解き明かしていきましょう。

テニスをするときの服装はどんなスタイルか

動きやすい格好=Tシャツ、短パンでOK

基本的に体育の授業でしていたような服装を思い出してください。Tシャツのようなトップスと短パンがメインだったと思いますが、比較的気温の温かい季節(4月~9月頃まで)はほぼそれでOKです。男性の場合は短パンを着用することになると思いますが上記のウェアのように膝が隠れるか少し膝上くらの長さが現代テニスでは主流とされています。
女性の場合はスコートかショートパンツが多く、中には七分丈など長さのバラエティも様々なので好きな丈を合わせて着ることができます。
Tシャツは普段着ではコットン素材のものを着用することが多いと思いますが、スポーツをするとき用のドライフィット素材(汗をかいてもすぐ乾くような素材のもの)を着用された方が心地よく運動ができます。

ジョイナス北野田テニススクールのように完全インドアテニススクールは日焼けの心配がないのでこのような格好でもOKなのですが、アウトドアでテニスをされる場合、特に女性はインナーウェアを着るなどして日焼け対策をするといいでしょう。

メーカーもデザインも自由!動ければOK!

Tシャツ・短パンの上にウォームアップを用意する

先ほどのTシャツ・短パンスタイルに加えて、これは特に秋冬~春先までは準備したい格好ですが、ウォームアップを用意するといいでしょう。
ウォームアップとはどのようなものか?
簡単にいうと体を保温するための長袖着衣と考えてください。
夏場は準備する必要はないのですが、寒い冬や、気温が変わりやすい春秋シーズンは運動の前後で体温調整が必要になってくるためウォームアップを着ることをお勧めします。
ウォームアップは色々なメーカーから出ていますが、特にテニスだからといってメーカーのウェアを用意する必要もありません。もちろん格好から入りたい!という方は好きなメーカーでばっちり決めて気持ちをたくさん盛り上げるのも大切なことです。

ウォームアップ(上下)は保温効果抜群!

中に半袖やショートパンツを履き、少し肌寒い時期~冬場はウォームアップを上下着ることで体を温める効果があり、動いている途中で厚くなった場合にパッと脱げるようにしておくといいでしょう。
また真夏以外ではプレーの後に汗がひき、体を冷やしてしまうこともあるのでプレー後少し時間があった後やテニススクールの帰りなどはウォームアップを活用して風邪をひかないように管理していきましょう。

ウォームアップは厚手のものから薄手のものまで様々
さっと脱いで薄着になれるようにしよう

また、女性は温かい時期にショートパンツだけで足を出すのはちょっと・・と思う方は薄めの長いパンツ(ウォームアップパンツ)かもしくはショートパンツやスコートの下にレギンスを履かれる方が多いです。レギンスはスポーツ用でなくても通常の私服用レギンスを活用していただいても問題ありません。
レギンスも5分丈~10分丈など、様々な長さがあるので好きな長さを選ぶことが可能です。
もちろんジャージのようなお手持ちの運動しやすい格好であればメーカー問わずなんでもOKなのがテニスのラフで気楽に始められるいいところです。

ただ、メーカーによってはヨガやジョギング用などでポケットがついていない場合があります。テニスはボールをポケットにしまう場面がたびたびありますのでポケットがついているものを選んでいただけた方が便利です。

レギンススタイルで足を隠せる!

ジュニアは普段の格好でOK

お子様の体験レッスンの際によく聞かれるのが「どんな格好で行ったらいいですか」というものです。
真冬でない限り運動する際に汗をかいても適応できる格好(Tシャツや短パン)になれる格好に上着を羽織ってくるスタイル(夏場はなくてOK)が1番安心かと思います。
私服で着用するようなもので全然かまいませんが、長い紐がついていたり、ひっかりのあるものはプレー中の事故につながることもありますのでシンプルなものをお勧めします。
また、動きやすい格好のなかに「デニム」が入ると思われがちですが、テニスのレッスンにデニム地はおすすめできません。下半身が自由になれる柔らかい素材のものを選んであげるようにしましょう。

なんだ、テニスの格好って実はとっても簡単!

テニスのスタイルは実は意外と自由だったりするのです。
初めは形から・・と色々なウェアをそろえるのは大変です。
体験レッスンや初回のレッスンではまずは動きやすくて無理のない格好でスタートしてみましょう!
レッスンに通っているうちにコーチやほかの生徒さんの格好を見て「こんなのあるんだ」など話題も広がり自分のしてみたい格好が見つかるかもしれませんね。