テニスファンに知ってほしいテニスの4大大会とは?

テニスのプロの試合には様々なものがあります。
国内大会のものから海外ツアーまで様々な試合が年間通して行われる中で、これは知っていてほしい!と思うテニスの4大大会についてまとめています。

「4大大会くらい知っているよ!」という方はもちろんいらっしゃると思いますが、初心者の方やテニスに興味を持たれた方にも知ってほしい「どこの国で行われているの?」「開催地は?」「どのようなコートでプレーするものなの?」という色々な視点から4大大会の面白さを説明していきます。

全豪オープンテニス

まずは分かりやすく年間を通して行われる4大大会を順を追って解説していきます。
1年の1番はじめ、1月に行われる『全豪オープンテニス』は名前の通りオーストラリアで行われます。
“え、1月?”と思う方もいるかと思いますが、オーストラリアは日本の真逆で1月は日本でいう真夏にあたるのです。
全豪オープンの開催地はそのオーストラリアの中でもメルボルンという都市で、オーストラリアの南側に位置します。
メルボルンで最も気温が上がるのは通常1月と2月と言われているので、大会期間中は気温が30℃以上になることもあります。
TVの全豪オープンテニスを見ていると、観客が暑そうにしている姿や選手の日に焼けた様子がよく分かります。

コートのサーフェイスはハードコートなのでスピードボールのあるプロの試合は観戦していても非常に迫力があります。

日本との時差はたった1時間なので、比較的観戦時間が日本でもみんなが起きている間に行われるため、日中に「勝ったね」「惜しかったね」などの会話が行われることもしばしばあります。
その日の結果がその日の夜のニュースでわかるくらいのタイムゾーンになります。

全仏オープンテニス

全仏オープンテニスはフランスで行われる国際大会で毎年5月下旬から開幕し、6月上旬まで行われます。
開催地はパリで、TV観戦をしている方は「パリのローランギャロスより中継しています」なんて言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

ローランギャロスとはパリにあるテニスの施設の名称で、毎年全仏オープンテニスはこちらで行われています。
パリの6月の気候は20度前後と比較的過ごしやすい気候となっていますが近年は若干暑い日になったかと思うと突然雨が降って試合中断・・なんてこともある時期です。

コートのサーフェイスはクレーコート(=赤土)で全仏オープンテニスのシンボルともされています。
プロ選手の特徴の1つに「コートサーフェイスの得意・不得意」があります。このクレーコートの王者と言われている有名な選手がナダル選手ですね。
赤土の中で自由自在に動き回るナダル選手のクレーコート勝率はなんと92%と言われています。(2019年4月現在)
日本の錦織圭選手も比較的クレーコートを得意とする選手と言われています。

ウィンブルドン

テニスファンだけではなくスポーツ観戦が好きな人は誰でも知っていると言っていいほどグランドスラムの最高峰といっていいほどのウィンブルドン。
その格式の高さと伝統が「テニスの頂点の大会」と思われるほどの知名度があります。

ウィンブルドンはテニスの発祥地イギリスで行われる国際大会です。
毎年7月の上旬から2週間近くにわたり開催されますが、日本の北海道より北に位置するため7月といえども気温は平均22~23℃程度です。

ウィンブルドンのシンボルと言えばグラスコートの「芝」ではないでしょうか。このサーフェイスは非常に珍しく、ウィンブルドンならではの醍醐味で1年かけて専門の管理者が芝を育成し大会最後の頃にはセンターコートのベースラインは芝がはげてくる状態になるのが特徴です。
そしてこのグラスコートは非常に滑りやすく、ボールが不規則に跳ねてくるというのも特徴の1つです。

またお気づきの方もいるかと思いますが、ウィンブルドンは選手全員が白のウェアで出場していますよね。それもシューズに至るまですべて全身白。
(スポンサーのロゴはOKとされていますが背中はNGなどの細かい規定があるようです)
そしてこの白規定、「オフホワイト」や「クリーム」カラーもNGなのです。

ウィンブルドンは伝統ある大会であり、決勝ともなるとロイヤルボックスには王室の方も見えられています。それほど貴族の方に親しまれてきたスポーツというのですから「テニスをしている」と日本でいうだけでなんだか特別な習い事をしているかのような嬉しい気持ちにもなりますよね。

全米オープンテニス

ウィンブルドンが終了すると、次に8月の下旬から9月の上旬にかけて全米オープン(USオープン)テニスが行われます。
開催地はNYの郊外にあるナショナルテニスセンターで、多国籍社会であるNYのテニスファンたちが集って観戦を楽しむグランドスラムです。
全米オープンのコートサーフェイスは「あれ?グラスコートだったような」「いやいやクレーコートでしょ」という話も出ることがありますが、現在はハードコートになります。
それもそのはず、全米オープンのコートはグラスコートを経て、クレーコートになり、現在のハードコートに落ち着くまでに場所も移転したりという歴史があるのです。
そして現在のハードコートは、「世界最速と言われるほどのハードコート」ということで有名です。そのためビックサーバーが圧倒的に有利で大活躍する大会でもあるのです。

力のせめぎ合いとして、女子のシングルスではパワーの女王セリーナウィリアムズが何度も優勝に輝いているのが印象的です。2018年に日本人初の快挙を成し遂げた「大坂なおみの初優勝」が記憶に新しいのではないでしょうか。
彼女もまたビックサーバーの選手で、日本のテニスの歴史を大きく変えた瞬間もこの全米オープンだったのです。

NEW YORK, NY – SEPTEMBER 08

テニスのグランドスラム(=4大大会)を知ることでテニスをプレーするだけでなく観戦の楽しみも増えるし、また同じテニスファン同士の会話も盛り上がります。

1年を通してグランドスラムに出場する選手を応援し、一緒に湧き上がることでもっとテニスを楽しんでいただきたいと思います。