色々なボレーを応用してレベルUPしよう

テニスの技術向上したいショットで多く挙げられるのが「ボレー」
テニススクールのレッスンでもボレーは取り入れられることが多いショットです。ボレーの技術を向上させると同時に色々な種類のボレーのショットをマスターすることで自分のプレーの幅が広がっていきます。
今回はボレーの応用編として様々なボレーとそのコツをご紹介していきます。

ボレーの応用①ハーフボレー

テニススクールのレッスンではあまり時間を割かないちょっと特殊なボレーですが、実際のプレーとなると意外と打つ機会が多いのがこの『ハーフボレー』です。
ハーフボレーというのは、ローボレー(低い位置でとらえるノーバウンドのボレー)では取れないボールを、ボールが弾んだ直後に打つボレーのことです。
ボレーの位置にいるのにノーバウンドで取れずぎりぎりのところで落ちたボールをワンバウンドして取っていることありませんか?
実は無意識のうちにこうして返しているこの“弾んだ直後のボレー”のコツをお伝えしていきたいと思います。
ハーフボレーは「トトン」といったリズムで打つことが大事で「ト」がバウンドのとき、「トン」が打点のときになります。
このショットはバウンド直後にボールを抑えるため、バウンド後のボールの変化をそれほど気にする必要がありません。とにかくバウンドの場所をいちはやく予測し、その地点に行くことが重要となってきます。ボレーの位置からだとボールはバウンドした直後のことなので勢いがあります。その勢いを利用することで上手に返すことができます。
このようにボールの勢いを利用するということは「大きなスイングが必要ない」ということになります。スイングを加えずに「ボールを触る」くらいの感覚で大丈夫なのです。
打点は膝から下の高さになります。ラケットは地面に垂直か少し伏せ気味にしましょう。ラケット面が上をむいているとボールが浮いてしまい相手のチャンスボールになってしまいます。(そもそもそれが目的で相手は足元に沈めてくるのですから!)
下からすくいあげるようにスイングしてしまうとボールが飛びすぎてしまうので、スイングをせずボールに触る程度の感覚でボールに入ってあげることで成功します。

ボレーの応用②ドロップボレー

ドロップボレーとは、相手の浅いところを狙うボレーのことです。
日本のトップ、錦織圭選手が試合中によく使うショットに「ドロップショット」というのがあります。ドロップショットがストロークの位置から浅いところへ落とすショットであるように「ドロップボレー」はボレーでボールを相手の浅いところへ配球していくショットです。
ドロップボレーはボールの回転量を増やして飛距離を抑えるショットで、中にはボールが戻るくらい回転をかけていることもあるくらいです。
ネット際ぎりぎりのところを狙ってドロップボレーを打とうとする人がいますが、なかなかリスクも高くそれでミスをしていてはもったいないので相手が取れないくらいの場所にコントロールするくらいがちょうどいいです。むしろ取れそうで取れなかったときのほうが精神的ダメージも大きいかもしれませんね!本当にテニスは駆け引きの面白いスポーツです。
ドロップボレーのイメージとしては打ったボールの頂点をネットよりも手前にすることです。自分の打ったボールの軌道の頂点がネットよりも向こう側になってしまうと、長いボールを打っていることになるので効果的なドロップボレーにはなりません。
ドロップボレーは厚い当たりでは回転がかからず、かといってラケットを下に入れすぎるとボールは浮いてしまいます。
ラケットのフェイス面が地面に対して垂直だと厚い当たりになってしまうので少しだけ傾けて上向きにしておくとボールに入れやすくなります。この角度を上手く調整してボールの下に入れすぎないようにしていきましょう。

ボレーの応用③ポーチボレー

ポーチボレーとは、ダブルスのゲームでストロークの打ち合いをしているところにボレーヤーが飛び出していって打つことです。テニススクールの初級~初中級クラスの中ではあまり見かけられない場面ですが、できれば中級以上になってきた頃には積極的にポーチボレーをしてもらいたいと思います。
ですが、なかなかポーチボレーには勇気とチャンスが必要なものです。中級クラス以上の方でなかなかポーチに出られない理由には「練習であまりやったことがないから」「勇気を出してやってみたけど失敗したから」などがあったりします。

ポーチボレーで大切なのは動く方向になります。
ポーチボレーは真横ではなく、斜め前に進むか、前にステップインした後に斜め前か横に動くことで成功します。前にステップインすればネットに距離が近くなるため横に動いても合わせるだけで返球することができます。

1番NGなのはその場で真横に動くことです。

真横に動くと移動する方向と打球方向が違うことから移動の勢いを使えないためラケットを大きく振ろうとしてしまうのです。
ポーチボレーは難しい場面ばかりではなく、相手のボールが浮いた時に決め打ちとして出ることができる場合があります。まずは確実にポーチに出れるところからトライしてみて経験値を上げていきましょう。
ある程度早いストロークの中でポーチにいけるようになったときは相手がスイングを始めた時に動き出します。打ってからでは間に合いません。
結果、ストレートを抜かれることもあるかもしれませんが、相手にプレッシャーを与え考えさせることができるためボレーでポイントを取る以外にも効果があるのです。

ポーチボレーの勢いはものすごく速く、思いきり打っているように感じるかもしれませんが動きがダイナミックだからそう感じるだけであって実際のところショット自体のパワーは中くらいで十分です。
ポーチボレーは展開力でポイントを取る戦術なのでショットの強さは要求されません。
中くらいのショットを意識することで相手のショットが思ったより低かったり予想と違った時にも対応することができます。
打ち方は踏込みながら打ち、振り終わりで着地するようにしましょう。

今回はボレーの応用編として3つのボレーショットをご紹介しました。
中にはすでにトライしている人や無意識に打っている人もいるかもしれませんが、自らそのショットをチョイスすることでテニスの面白さがより一層味わえると思います。

ジョイナス北野田テニススクールでは毎月コーチごと、レベルごとに様々なテーマを設けて新しいショットや技術向上をはかっています。
今までトライしたことのなかったショットから、もっとうまくなりたいと思っていたショットまでテーマ練習ごとに出会っていくと思いますが、それぞれの技術向上に役立てていただければと思います。

ジョイナス北野田テニススクール